GALLERY ART ARENA
現代版画 レンタル 会社概要 アクセス
■アステックス ■アレンバック ■アントニーニ ■ウォルペン ■ヴィギュッド ■カトラン
■ガレーゴス ■キャンハム ■ギヤマン ■グラタス ■コワルスキー ■シャロワ
■ダットソン ■デペルト ■ビーユ ■ピロ ■プーレ ■ペイネ
■ウシェ ■ラベルニア ■リスコ ■ローブ ■ロベルティー ■グジス
■ナミアス ■マニスカルコ ■ラシス ■ロビック
■国武 久巳 ■山岡 三紀雄 ■吉原 英理
■Claire Astaix クレール アステックス
1953年 フランスのパリに生まれる。
       芸術一家の長女として恵まれた環境の中で育ち、幼少の頃から制作活動を行う。
1977年 パリのクレールモン画廊にてデビュー。
1978〜1980年 パリの美術学校で学び、現在に至る。
       パリにて数多くの個展、オスロ、日本、(東京・広島・仙台)等海外での個展を意欲的に開催。
       パリの妖精として、人気女流画家として定着した評判を得ている。

ページトップ
■Jean Claude Allenbach ジャン クロード アレンバック
1947年 フランスのコルマールに生まれる。
1972年 画家を志し、コルマールALEPで絵画を学ぶ。
       ニコラ・ド・スタールより多くの影響を受ける。
1979年 個展・グループ展を開催。
       現在に至る。

ページトップ
■Annapia Antonini アナピア アントニーニ
1942年 スイスのルガノに生まれる。
1962年 パリのアカデミー・ジュリアン、グランド・ショミエールで絵画を学ぶ。
       フリード・ランデルのもとで版画を学び、受け継いだ技術には定評があり、
       なかでも銅版画を得意とする。繊細な描写、透明感のある色彩が持ち味である。
       いまや最も充実した女流画家として注目を浴びている。
1964年 各地で個展を開催。
       現在に至る。

ページトップ
■クロード ウォルペン
1938年 フランスのパリに生まれる。パリ美術学校卒業。
1972年 パリのギャラリー・アペルでの個展を皮切りにパリをはじめフランス各地などの世界で個展を開催。
       また、サロン・ドートンヌ、サロン・ド・メなどの有名なサロンに出展。
1978年 サロン・ド・フォントニで銀賞。
1979年 水彩画展にて金賞。
1982年 サロン・デュルバンにて入賞など。

ページトップ
■Andre Vigud アンドレ ヴィギュッド
1939年 モロッコに生まれる。
1978年 ギャルリー・ムッシュ(ナント)にて個展を開催。
1979年 ギャルリー・ベイラルドン(ツール)にて個展を開催。
1982年 ギャルリー・ラ・リコルン(ラ・ロシェル)にt個展を開催。
1983年 ニューヨーク芸術祭で近代美術賞銅賞受賞。
       ギャルリー・サンギュイヌ(ラ・ロシェル)にて個展を開催。
1984年 ギャラリー・ラ・グラヴィル(パリ)で個展を開催。
       東京芸術祭で、近代芸術賞銀賞受賞。
1985年 西武デパート(大阪)、東京会館で個展。
       ギャラリー・シンシェン(台湾)で個展。
1986年 ニューヨーク国際芸術祭において、近代芸術賞銅賞受賞。

ページトップ
■Bernerd Cathelin ベルナール カトラン
1919年 フランスのパリに生まれる。
1945年 パリ国立高等美術工芸学校に入学、モーリス・ブリマンション教室で学ぶ。
       学友にブラジリエ、ギヤマンなど。
1965年 「ムルロエ工房の版工」カタログに、シャガール、ピカソ、ミロらと共に採録。
1967年 日本で初個展(東京・吉井画廊、油彩15点、リトグラフ5点)夫妻来日。
1972年 モンテカルロのアンドレ・ソーレ社刊ジルベール・セスプロン著「犬と狼の間」のため、
       挿絵として9枚のリトグラフを制作。
1973年 ニューヨーク、東京など各地で個展を開く。
1976年 マドレーヌ・カトラン・テライユの思い出のため、リトグラフ150枚をヴァランスの美術館へ寄贈。
1983年 パリ・吉井画廊「俳諧十撰」展。
1984年 東京・吉井画廊で「俳諧十撰」小品展。

ページトップ
■David Maes Gallegos デビッド M ガレーゴス
1954年 アメリカのコロラド州に生まれる。
1975年 カリフォルニア大学美術工芸科を経て、1979年サンフランシスコ州立大学で美術の修士号を取得、
       以後国際アート賞入選、サクラメント「カリフォルニア州フェア」入選等、輝かしい経歴を修める。
       彼の持つ鋭い洞察力は、魂の真髄をテーマに移り変わる自然や光をとらえ、雄大でかつ繊細に
       キャンバスに描く。
       日本では、横浜の「ランドマークタワー」に作品が所蔵されている。

ページトップ
■Canne Canham アン キャンハム
アン・キャンハムの家は代々有名なアーティストと作家の出身である。
中央カリフォルニアの美しい丘に囲まれた、キャチャクア谷の奥深い農場に住んでいる。

ページトップ
■Paul Guiramand ポール ギヤマン
1926年 フランスのサン・カンタンに生まれる。
1952年 ローマ大賞受賞。イタリアに滞在。
1956年 エコール・ド・パリ展で注目を浴びフランス政府買い上げ。
1957年 マントン・ビエンナーレ展、マルボロ賞・で受賞。
1958年 パリ市買い上げを受け、翌1959年シカゴの現代巨匠展に参加。
       その後も世界各地で個展を開催。
1975年 東京のニューオータニの依頼で、「パラダイス」と題された大壁画を制作。
       1976年 彫刻を初めて手がける。
1978年 ソビエト連邦のタシケントとサマルカンドの展覧会に出品。
       シカゴのR・S・ジョンソン・インターナショナルと日本で最新作(70点)の個展開催。

ページトップ
■Isa Gratas イザ グラタス
ギリシャ生まれの女流画家。
1980年 アテネの美術センターにて個展を開催。
1990年 リトグラフの制作を手がける。
       フランス及びアメリカ等の各国にて、多くの展示会が開かれ、好評を博している。
       女性の繊細なタッチで、静物を華やかに描き上げる彼女の作品は、多くの人々に親しまれている。

ページトップ
■コリン コワルスキー
1956年 フランスのパリに生まれる。
1974年 シャルパンティエ・アカデミー入学。
1977年 ニューヨーク・ビジュアル・アート・スクールへ遊学。
1982年 ブルトウィユ・グランプリに出展。
1983年 パリ7区ブルトウィユ画廊にて個展。
1984年 ニューヨーク・アート・フェアにリトグラフを出展。
1985年 サロン・デ・アルティスト・フランセにて銀賞。
       日本・韓国に研究旅行。
1986年 カルナック地方の封建領主の館に4mX2.8mの壁画制作。
       3枚の絵がユニセフで選ばれる。
1987年 パリ14区区役所で展示会。
       ポール・ギヤマンの弟子。

ページトップ
■Bernard Charoy ベルナール シャロワ
1931年 フランスのロレーヌに生まれる。
1953年 パリに出てモンマルトルの美術研究所アトリエ・デジョワで、デッサン、油彩、リトグラフの
       技法を学ぶ。その後、本の挿絵やポスター制作を手がけ、
       新聞や雑誌に掲載された政治家の肖像画が評判を呼ぶ。
1976年 パリをはじめベルギー、ドイツ、スイス、アメリカなど世界各地で個展を開催し、
       本格的な作家活動に入る。クラシックな趣の中に、アンニュイと優しさの漂う女性像に人気が高く、
       手や口元などのディティールも表情豊に書き込むデッサン力には 定評がある。

ページトップ
■Larry Dotson ラリー ダットソン
1942年 アメリカのミズーリ州に生まれる。10歳のとき、南カリフォルニアへ移住。
       学生時代に、建築とテクニカル・イラストレーションで多くの賞を受賞。
       油絵の分野にも進出することによって、南カリフォルニアの数ヶ所のギャラリーで
       アート・インストラクターもするようになる。
       後に、インストラクターをしていたオレンジ・カウンティー郡で自分のギャラリーを所有しオープンする。

ページトップ
■Jacques Deperthes ジャック デペルト
1936年 スイスのシューレンヌに生まれる。
       サント・エディエンヌ国立芸術大学およびジュネーブ装飾美術学校で学ぶ。
1961年 ジュネーブ、パリ、カンヌ、ロンドン、シカゴ、東京などで個展を開催、国際的に作家活動を展開する。
1965年 フランス政府給費留学生としてイタリアに滞在。
       パリ市立近代美術館、ジュネーブ私立美術史博物館、鎌倉市立鎌倉美術館などに作品が
       所蔵されている。

ページトップ
■Jean Bille ジャン ビーユ
1925年 イタリアのミラノに生まれる。
1933年 パリに住み、画家の叔父より絵画を学び始める。
       パリのモンテーニュ高等学校、造形美術学校で学んだ後、パリのエコール・デ・ボザールで学ぶ。
1947年 デッサンの教授となる。
1956年 建築インテリア工房を設立し、ユネスコ、ソシエテ・ジュネラル銀行、オルフェブリー・クリストフル社
       などのために制作を担当する。
       サロン・デ・ボザール、サロン・デ・ヴェルサイユなど多くのサロンに参加。
       バヤール賞(アルチスト・フランセ)、バトニエ賞(ヴェルサイユ)など数々の賞を受ける。

ページトップ
■Francoise Pirro フランソワーズ ピロ
1946年 フランスに生まれる。
1964年 マルセイユ賞受賞。
1965年 サロン・デ・アンデパンダン出品。ニューヨーク市賞受賞。
       ニースのコンポジションモデーヌで1位を獲得。
1967年 プロバンスの絵画のグランプリで特別選外佳作に入賞。
       アビニョンのフェスティバルに出品。
1968年 アンビエールの水彩の展覧会出品。
1976年 カベヨンの僧院のチャペルでの展覧会に出品。
       ソーレット・レ・パンのグランプリに10年間出品。
1978年 サロン・デ・アンデパンダンに招待作家として出品。
1984年 パリのサロン・デ・アンデパンダンに招待作家として出品。
1986年 アビニョンのサロン・ド・ラ・ビエンナーレに招待作家として出品。

ページトップ
■Reymond Poulet レイモン プーレ
1930年 フランスのパリに生まれる。
       パリ装飾美術学校に学ぶ。
1960年からパリのサロン・ドートンヌ、サロン・アーチストフランセなどほとんどの
       サロンに出品。同時にフランスの画廊で個展を始める。
1970年 アメリカでの初個展。この年から、フランス、アメリカ、ドイツ、イタリア、ベルギーなど
       世界各地で個展を続ける。

ページトップ
■Reymond Peynet レイモン ペイネ
1908年 フランスのパリに生まれる。
       産業装飾美術学校卒業と同時に広告デザインの道を志す。
1936年 イギリスの雑誌「ザ・プールヴァルディエ」にデッサンを発表したのを契機に、
       各種雑誌にユーモア漫画やデザインを掲載、人気を得る。
       代表作「恋人たち」を描くようになったのは、1942年、南フランスのヴァランスの
       野外音楽堂にいたヴァイオリンを奏でる恋人たちを描写したのがきっかけといわれている。
1960年 国際ユーモア賞受賞。
1970年 国際オスカー賞受賞。
1986年 芸術・文学賞受賞。

ページトップ
■国武 久巳 クニタケ ヒサミ
1930年 福岡県に生まれる。
1951年 二科会商業美術部門でニ科賞を受ける。
1958年 第6回世界観光ポスター展(ベルギー)特選受賞。
1960年 日宣美会員となる。
1969年 スイス「GRAPHIS ANNUAL」に観光ポスター収録。
1978年 九州デザインコミッティー委員長となる。
1987年 全国カレンダー展で、大蔵省印刷局長賞受賞。
1993年 全国カレンダー展で、通商産業省生活産業局長賞受賞。
1994年 九州国際デザインコミッティー名誉会員。

ページトップ
■山岡 三紀雄 ヤマオカ ミキオ
1930年 京都市に生まれる。
1983年 長野市飯網高原に移転。
       シルクスクリーンの技法による版画の制作を開始する。
1985年 浜松、長野にてグループ展を開催。
1986年 横浜、水戸にて展示会を開催する。
       長野にて個展を開催。
1988年 横浜、新宿にて展示会を開催。
       長野にて個展を開催。
1989年 福島にて展示会を開催する。
1990年 浜松にてグループ展を開催。

ページトップ
■Urbain Huchet ウルバン ウシェ
1930年 フランスのレンヌに生まれる。
1960年 独学で画家となる。
1963年 パリに移住。アメリカ、中南米、中近東諸国を旅行し、同時に各地で個展を開催。
       1970年代には、パリをはじめ世界各地で積極的に個展を開催。
1981年 デラックス版画集「エジプトの印象」を出版する。その後も個展活動のほか、
       300点以上のリトグラフも制作し、版画家として有名である。
       柔らかなタッチとカラフルな色使いが幅広い年齢層の支持を得ている。
       フランス、ヨーロッパをはじめ世界で金賞、大賞を数多く受賞している

ページトップ
■吉原 英理 ヨシハラ エリ
1959年 大阪に生まれる。
       京都の嵯峨美術短期大学卒業。
1984年 現代版画コンクール展(大阪府立現代美術センター)。
1985年 和歌山国際版画ビエンナーレ(和歌山県立美術館)
       中華民国国際版画ビエンナーレ。
1986年 現代版画コンクール展(大阪府立現代美術センター)。
1987年 和歌山国際版画ビエンナーレ(ユーゴスラビア)等世界各地で受賞。

ページトップ
■Angelina Lavernia アンジェリーナ ラベルニア
1925年 スペインのバルセロナに生まれる。
       バルセロナの美術学校卒業後、パリとバルセロナを主な活躍の舞台とし数多くの個展を開き
       パリのサロン・ドートンヌ、サロンデザインデパンダンに出品する。
1964年 フランス・ヴィーシーでの国際ビエンナーレ展で受賞。
1965年 ニースにて金メダル受賞。
1974年 ボワ・ル・ロワにおけるカルミノ皇太子賞受賞。
1976年 国際サロンにて受賞。
1978年 イル・ドゥ・フランスサロンにて銅メダル受賞。
1979年 シャトネーマラブリ市賞受賞。
ヨーロッパ・アカデミー芸術名誉会員。
1981年 バンプ・サロンにて金メダル受賞。

ページトップ
■Frank Licsko フランク リスコ
1946年 ハンガリーのブタペストに生まれ、10歳でカナダへ移住。
1961年 国際美術コンテストで一等賞を受賞。
       カナダのオンタリオ芸術大学を主席で卒業。
1980年 “Decor”(美術誌)にて全世界に紹介される。
       その後、A・I・S国際展(アメリカ)、アノモン・アート・ギャラリー(カナダ)等、世界中で数多くの大賞、
       金賞を受賞。
       オーストラリア美術評議会他多数特別所蔵されている。

ページトップ
■Abdon Leob アブドン ローブ
1952年 アメリカのカリフォルニア州に生まれる。
       カリフォルニア水彩画協会とネバダ水彩画協会の一員であり、
       毎年水彩画を教えているタラック史学協会に在籍。

ページトップ
■Roverto Roberti ロベルト ロベルティー
1947年 ナポリに生まれる。
1975年 ナポリ・ポッツォーラ国際賞受賞。
1976年 ローマ・アッツァーラ賞受賞。
1980年 キャリズモ賞1等受賞。
1983年 ローマ・海の国際展1等受賞。

ページトップ
■ジャクリーヌ グジス
1926年 フランスのディジョン市に生まれる。18才でパリ画壇にデビュー。
       パリ中心に数多くの展覧会に出品。
1968年 パリ個展での大成功を皮切りに全米、スウェーデンからアラビア、マダガスカルまで、
       世界中で個展を開催。
       作品の多くはバチカン宮殿や、各都市の美術館に納められている。
       又、スエーデン王室、サウジアラビア王室の支持もあり各国の宮殿に数多く納入されている。

ページトップ
■Richard Nahmias リチャード ナミアス
1954年 フランスのボルドー市に生まれる。
       父はイタリア出身、母はポァトウーの貴族の出である。
1974年 パリのルゥドゥドラゴンにあるジュリアンスクールで絵を勉強する。
1976年 パリ大学を卒業。
1981年より、数多くの個展を開催。
1989年 数々の展覧会で特賞を受賞。フランスの水彩画家の第一人者である。
1993年 “価値あるフランス作家”大賞を受賞。

ページトップ
■José Maniscalco ホセ マニスカルコ
1946年 フランスのマルセーユ市に生まれる。マルセーユ美術工芸大学卒業。
       フランス国内の絵画の賞を数多く受賞。
       マルセーユをはじめ、コートダジュール、パリ、東京など世界中で数々の個展を成功させ
       80年代最も期待される作家の1人に選ばれる。
1985年 フランス“MARCURE”金賞を受賞。
1993年 東京のデパートのイメージ絵画に起用される。
1994年 “価値あるフランス作家”大賞を受賞。

ページトップ
■Serge Lassus セルジュ ラシス
1933年 フランスのビアリッツに生まれる。
1949年 パリのエコール・ド・アートで学ぶ。
       パリのゴールデンブックスでイラストの仕事をし、創作活動に入る。
       生まれ故郷の南仏からスペインで個展を成功させた後、パリ大賞、スペインのマドリッド、
       サンサパスティンのアートフェアでの金賞をはじめ、数多くのグランプリを獲得。
       作品の多くは、その国を代表する美術館に納入されている。
1993年 “価値のあるフランス作家”大賞を受賞。

ページトップ
■Raphael Robic ラファエル ロビック
1960年 フランスに生まれる。
       パリとベルサイユのインターナショナル・アートスクール卒業。
       パリの現代アートスクールと装飾アートスクールで学ぶ。
1982年から作家活動に入りパリの一流のギャラリーに招かれる。
1986年 ドイツで個展を成功させた後アメリカやヨーロッパで個展を成功させる。
1989年 フランス大統領官廷エリーゼ宮に作品納まる。以後毎年、ニューヨーク、
       ジュネーブ、東京、パリ等世界各地で定期的に個展を開催。
1993年 “価値あるフランス作家”大賞を受賞。

ページトップ