DO-GA

DO-GAコラム

案内や宣伝はシンプルに

メイン画像

案内や広告・宣伝を人々の目にとまらせ見続けてもらうにはどうすればいいか。 それは「できる限るシンプルに訴求すること」がとても大切です。

メイン画像

「自社の良いところをたくさん知ってほしい」「競合店との差別化のため、色々PRしたい」 「お知らせをたくさん告知したい」など、限られた時間やスペースであれもこれも訴求したいと、 たくさんの情報を詰め込みすぎると、受け手には複雑で 結果伝えたい内容や情報が理解されず訴求できないという結果になりがちです。

たくさんの情報があふれている現代においてより、簡潔に伝えなければ目にとまらせることすら難しくなってきます。

これはポスターや看板だけではなく動画においても「よりシンプルに伝える」ことは、重要なキーワードになります。

動画は動いているので目にとまりやすいですが、何を伝えたいか分からないと途端に興味を失い目を離してしまいます。

メイン画像

またよほどの興味がないと長時間の動画は見てもらえませんので、できるだけ短時間で訴求した方が良いとされています。

どれくらシンプルにするのか。場所やターゲットにより異なりますが、ひとつの目安として「人に伝えられる情報量」です。

メイン画像

「この会社はこういう特徴があるよ」

「このお店は〇〇がウリなんだって」

誰かに伝えたくなる情報と量

これをひとつの目安にしてはいかがでしょうか。

また人は自分に「入力された情報」よりも、誰かに伝えたりした「出力した情報」の方が記憶に残りやすいといった効果もあります。

例えば、伝えたい情報を書き出し優先順位を決め、出来るだけシンプルに不要な情報等は削除することで「伝わる内容・情報」に整理できるのではないかと思います。